コウジロの不定期日記
Back to Home

NEXT


ぼくはジョニーが好きだ。





WEBLOG

2004年6月11日(水) 8:11

そろそろこの日記もBlogにして見やすく手間を掛けずに更新するようにしようと考えています。娘の日記はとっくにBlogしています。無料のレンタルBlogサービスがいろいろあるので探して早いところ効率的にしなきゃなー。

無料Blog比較

レイ・チャールスさん死去・73歳     ---------------黙祷。
昨日ムービープラスで「リトル・リチャード  炎のロックン・ローラー」を観たけどやはりソウルフルな黒人の歌は魂を振るわせる。


エージング(老化)

2004年6月10日(水) 7:29

エージングとは老化も意味する。オーディオの世界でエージングといえば慣らし運転を指す。しかし正確なところエージングの効果とは何なのか?さっぱり解らないのが本音である。Zuケーブルは200時間エージングが必要と書いてあるが最初に出た音が気にくわなければ普通の人だったら200時間も我慢出来ないだろう。でも色々なアンプやケーブルや真空管などでその実体験をしてしまうと確かにそのような現象もあることは否定出来なくなって200時間でも待てるようになる。と自分を慰めて今日もZuケーブルをエージングするジローでした。(^^;) <エージングをして出荷する良心的なメーカは無いのか?>

エージング効果と劣化
エージング倶楽部


突然の出来事

2004年6月9日(水) 8:17

昨日、お昼休みにFairyと自転車で井の頭公園の池の脇の石畳を進んでいると人垣が。ご婦人方が6名ほどと若い白人の男性が1名。その輪の中で一人の男性のご老人が倒れていました。僕は自転車を止め「どうされました?」と聞くと「突然倒れて頭をゴツンと石畳に打ったんです。」とご婦人方。白人の男性は倒れた老人に「今日は暑かったですものねー」とやさしく日本語で声をかけていた。それで僕は「救急車は手配されましたか?」と聞いた。「はい!先程連絡してあります。」とご婦人。倒れた老人も意識は有るようですが立つまでは出来ないようです。「救急車が来るまで動かさない方がいいですね。」と僕。暫くして一人のご婦人が「これ舐めたら?」と固そうなキャンディーを老人の口に入れようとしました。僕はすかさず「喉に詰まるといけませんから今は差し上げない方が・・・」と注意した。
暫くして消防車が来て3人の消防員の方が駆けつけ担架で倒れていたご老人を保護していきました。ぼくは無事に回復されることをお祈りして家に戻りました。


締め切り

2004年6月8日(火) 8:20

締め切り日が迫る。オーディオ雑誌の原稿である。いろいろ寝床に着きながらつらつら頭の中では言葉が浮かぶがそれぞれの内容を旨く繋げていくのが難しい。たとえば下の3枚の写真をどう繋げるのか。または繋げないとしても不自然でない提示の仕方は?






庭の恵み

2004年6月7日(月) 8:00

庭に植えた野菜でキュウリだけが実を付けた。カボチャもトマトも今年は苗が良くなかったのか全く実を付けないどころか成長が悪い。植えた場所も良くなかったのかも。やはり日の良く当たる真ん中に植えたキュウリが生長がよかった。


2本のキュウリが見える。

その一つを収穫。

酢味噌で朝食に添えて食べる。

カタツムリも出てきてごあいさつ。「おはよう」
庭にはチョウチョ・すずめなどの色々な鳥が来たり、
蟻・ ナメクジ・ミミズ・カタツムリなど多数の生物が生きている。


栄光のオランダ・フランドル絵画展

2004年6月6日(日) 8:42

昨日は上野の東京都美術館に「栄光のオランダ・フランドル絵画展」を鑑賞しに行って来ました。とても盛況で混んでいましたがゆっくりと列に並んで1時間ぐらいで観れました。フェルメールの「画家のアトリエ」でかなりの時間を潰しました。


土曜日なので東京都美術館は混んでいた。

「画家のアトリエ 」はかなり大きな号でした。
写真のような写実で寓意に満ちています。
書物は、「知恵」や「知識」「運命」「歴史」
トランペットは「名声」「告知」月桂冠は、「勝利」の意味です。
そして全体は格調高くこの時代よりも少し古い感じで仕上げてあります。
やはりこの時代の空気を嗅ぎ取ると時間のスピードがどれだけ現代と違うか想像できます。車の騒音も無い、冷蔵庫のモーターの音もない電磁波もない静かな世界です。
※あと印象に残ったのはレンブラントの1655年の自画像でした。


息抜き

2004年6月5日(土) 8:03

今日は天気がいいのでフェルメールの絵でも見に行こうかな。


昨日の続き。
撮影を終えてお二人に僕のオーディオを聞いて頂いた。
もー何年も色々なお宅の凄いシステムを聞いてこられ耳の肥えたお二人には
僕の音はどんな風に聞こえたのか・・・
感想をお聞きする勇気は無かったが、
お二人の表情にはリラックスした感情が現れたのでそんなに悪くはないのかもね。(笑)


取材されますされます。

2004年6月4日(金) 7:37

今日は午後から例の雑誌社の編集者の方とカメラマンさんが我が家にいらっしゃる予定。どういうポーズで写るか考えたが、1っはロダンの「考える人」のポ-ズでもう一つはこの辺から拝借しようかと考えている。あと部屋の写真は、1枚はロフトの上から俯瞰で撮影してもらいたい。あとは適当にお任せでということに。少し片付けて掃除したら音が伸び伸びとして気持ちが良い。それではまた・・・


某オーディオ雑誌の編集長とカメラマンのお二人がみえて無事取材を終えた。ホッ!
到底例のポーズが出来る雰囲気ではなくレコードジャケットを見る仕草を強要された。ゲッ


新しいデジカメ・・でも古いのだ。

2004年6月3日(木) 7:51


DSC-S85で撮影したFairy

DSC-S85で撮影したFairy

これがS85で撮影した前から所有のSONY DSC-S70

先日、修理見積の依頼をしたが修理をしないことにしたので見積だけで1,732円かかった。で・・戻ってきたDSC-S70をパワーオンすると問題なく動く。??? でも多分またおかしくなるに決まっているのです。それでヤフー・オークションで同じSONY のDSC-S85を手に入れました。Sシリーズ現行機種の一つ前の機種。今回のはマニュアルモードがあるのが嬉しい。それと少しですが画素数が多い。413万画素。以前のS70は334万画素。それと画像処理が14ビットになって色数やダイナミックレンジが広くなみたい。シャッターレスポンスも早くなりかなりGood!但しバッテリーが逝かれていて充電しても直ぐに残量不足の表示が出て電源が切れます。それとストラップの留め金が潰れていました。あとキズも少し有りました。オークションではいくら新品ではないと云っても、これらの説明がなかったのはクレーム対象ですよね。結局割高な買い物したかも。(^^;)
ところで・・・なぜまたSONYのSシリーズにしたかというと現行の600万画素や800万画素もいいですがネットで使うには400万画素もあれば十分です。それに800万画素もあるとハードディスクのメモリーを食われるし取り込む時に時間が掛かります。後の理由はメモリースティツクが使えるのとレンズがカール・ツアイスでこのレンズの味が好きだからです。 1年間問題なく使えれば御の字なんですが・・どうでしょうかねー。


これがS70で撮影した新しく購入したSONY DSC-S85


変化?

2004年6月2日(水) 7:35

先日MASAさんからバードランド・オーディオのOdeon-Agをお借りしているのであるが、その実力を家では発揮出来ていないようだ。電源ケーブルは安いのしかないし RCAケーブルも昔のオーディオテクニカのだし。だからマランツのSA-14の内蔵DACと比べてもあまり意味がない。結論をいうとSA-14からバランス・アナログアウトでライントランス経由の方が少し聞きやすいかなーと言う程度の違いしか出ない。というかここで偉くOdeon-Agが素晴らしすぎると困ってしまうのでホットしているのが本心だ。多分SA-14の中を対策してあることと、ライントランスを入れているので中堅のDACぐらいではそんなに差が出ないのかも。もしもDACを購入するなら、かなり高性能なものを入れないとあまり変化が無いかなー、という事が解っただけでも嬉しかった。MASAさんありがとうです。


ところでネットで注文しておいたキーボードが届いた。
わかってはいたが、でけー!!!
これでもMacの純正キーボードより打ちやすい。


暑い!

2004年6月1日(火) 8:05

とにかく暑い!グリフィンは熱い。ぼくも暑い。本格的な夏の様に茹だっていた。2週間前に庭にトマトとキュウリとカボチャの苗を植えたが順調に育っている。キュウリは小さな実を付けた。今年もトマトは豊作だろうか? 昨日はあまりに暑いので火事になるといけないので、出掛ける時に専用回路のブレーカーを切って出掛けた。
今日は一転して肌寒いくらいの天気で雨も降っている。


※真空管関連のサイト紹介。自作にお役立て下さい。

真空管 BOI Audioworks
P&C electronics
サン・オーデイオ
PRO SHOP A&P エー・アンド・ピー有限会社
サウンドボックス
オーディオ専科
富士商会(真空管・オーディオ用パーツ)
クラシックコンポーネンツ
ADVANCE AUDIO
KyodoCo.,ltd,
イシノラボ
オーディオウインズ
モトスポット
アンディクス・オーディオ(秋葉原)
ウエスタンラボ
鈴蘭堂 ケース
WELCOME
エイフル
soya audio 真空管アンプ 専門店
かめさんのアンプ工房
魅力ある真空管とアンプ・ラジオ
Transcendent Sound 製品紹介
yoshiba onkyo
ハラダアンプ
Tetsu Kimura's Home Page: 東京都市生活+真空管...
宇多さんの超三極管接続アンプ
WELCOME FRONT
真空管アンプ回路図集
オーディオ&ビジュアルショップ「エレックス」...
Sun Audio
真空管とオーディオのリンク
真空管の歴史等


NEXT

BACK to HOME